model navi

ヨガで体の柔軟性を高める

ヨガを始めてみたいけれど、自分は体が硬いから無理かな・・・そんな風に感じて諦めてしまう人は少なくないのですが、実は体が硬い人ほどヨガの効果は現れやすいと言われています。
深い呼吸をしながら、さまざまなポーズを深めていくのが特徴であり、もともとはインドの修行僧のためのものがそのルーツと言われています。
けれども、日本でも大人気のヨガは、今では修行僧が行っていた苦行のようなものではなく、呼吸とポーズを連動して行うことで体の隅々まで酸素を送り込み、体の柔軟性を徐々に高めてゆくことのできる、美容にも健康にもとても効果の高いエクササイズとして年齢を問わず高い人気があります。
体の柔軟性が高まると、けがをしにくくなったり腰痛や肩こりなどの解消に繋がるなどの嬉しい効果が現れます。
そしてヨガを行うことで同時に体幹も鍛えることができるため、健康的で、しかもいつのまにか体はすっきりとした状態になれる理想的なエクササイズだと言えます。

ヨガが柔軟に役立つ

ヨガを行うことで、柔軟性を向上させることができるのは、全身を大きく使うポーズが多く、どれもが体を柔らかくする必要があるからです。
体を柔らかくするためにストレッチがありますが、ストレッチは元々はヨガのポーズから引用されているポーズが多いのです。
ヨガは様々なポーズを行います。
その全てが柔軟性を向上させることを目的としたものではありませんが、多くのものは体を柔らかくすることに役立ってくれます。
多くのポーズは胴体と股関節の柔軟性を意識しています。
これは行者が長時間瞑想を行うためには、良い姿勢を取る必要があり、そのために体のコアとなる部分をメインに使用したポーズが多いのです。
ヨガは体のコアとなる部分を中心とし、ポーズを取っていきます。
体の中で一番柔らかくするために時間がかかってしまうのが、このコアの部分です。
なのでたくさんのポーズをとり、様々な方向からアプローチを行うことにより、徐々に柔らかくすることが可能になります。

Valuable information


ロストワックス製品
http://www.sun-cast.co.jp/

2020/9/3 更新